トップページ殿堂者平井 敏彦

殿堂者Dendo-sha

平井 敏彦ひらい しひこ

自動車文化に貢献した初代ロードスターの開発責任者

初代ロードスター開発責任者・大分大学工学部生産システム工学科元講師

平井 敏彦

 詳細記事(PDF)

 表彰状(PDF)

平井 敏彦(ひらい としひこ)略歴

1935(昭和10)年 10月5日 山口県下松市で誕生
1961(昭和36)年 3月に中央大学理工学部精密機械工学科を卒業
1961(昭和36)年 4月に東洋工業(現マツダ株式会社)入社 基礎設計部配属(主にレイアウト担当、試作車の構成部品の設計、車種はトラック、ファミリア、カペラ)
1978(昭和53)年 社員の整理&合理化策で金沢市のマツダオート石川にサービス部長で出向
1980(昭和55)年 帰任後車両設計部リーダーに
1986(昭和61)年 商品開発本部に移動 初代ロードスター開発主査に
1989(平成元)年 2 月のシカゴショーで初代ロードスターワールドプレミア
1989(平成元)年 9 月から「ユーノスロードスター」として日本国内で販売を開始
1989(平成元)年 AZ- 1 開発主査に就任
1992(平成4)年 主査としてマツダオートザムAZ- 1 を発売開始発表
1993(平成5)年 マツダ株式会社 退社
1993(平成5)年 大分大学工学部生産システム工学科 講師就任
1999(平成11)年 大分大学退官
2000年~2003年 広島文化学園大学で非常勤講師として勤務

Copyright(C) 2001-2014 JAHFA All Rights Reserved.