日本自動車殿堂は、豊かな自動車社会の構築とその発展に貢献された方々、そして現在第一線で活躍されている方々を対象にして、それぞれの優れた業績を讃え顕彰し、永く伝承してまいります。
日本自動車殿堂 JAHFA

ニュースリリースNews release

2020.11.13

2020日本自動車殿堂「各賞を発表する動画」を公開しました

特定非営利活動法人日本自動車殿堂(JAHFA)は2020日本自動車殿堂表彰式典に代わって「各賞を発表する動画」を作成し、11月13日午後零時より公開しました。
本年はコロナ禍により、表彰式典および懇親会を開催することができませんでしたが、式典に代わる表彰動画を作成いたしました。受賞者をはじめとした関係各位のご協力により、映像や音声などを収録し、従来の表彰式の式次第に沿って、動画として取りまとめたものです。受賞者のコメントも映像または音声による読み上げの形で収録されています。ぜひご覧ください。

日本自動車殿堂(JAHFA)事務局 

■2020 日本自動車殿堂 表彰式オープニング、会長挨拶

■2020 日本自動車殿堂 イヤー賞4賞発表ならびに表彰、受賞者コメント

■2020 日本自動車殿堂 歴史遺産車発表ならびに表彰、受賞者コメント

■2020 日本自動車殿堂 殿堂者表彰、受賞者コメント、表彰式閉会挨拶、エンディング


2020.11.06

JAHFA 日本自動車殿堂 2020 殿堂者(殿堂入り)/2020 歴史遺産車/2020~2021 殿堂イヤー賞を発表致します。

1.2020 日本自動車殿堂 殿堂者(殿堂入り)  3名

岡 並木 氏  交通文化とその新たな価値観の道を拓く

岡 並木(おか・なみき)氏は、ジャーナリストとして生涯にわたり自動車交通問題に取り組み、利用者ニーズに立脚した総合交通体系のあり方を提案され、ノンステップバスやコミュニティバスなどを実現、さらに環境・エネルギーの観点から交通体系を提言されました。その偉業をたたえ永く伝承して参ります。

平井 敏彦 氏  自動車文化に貢献した初代ロードスターの開発責任者

平井 敏彦(ひらい・としひこ)氏は、オープンスポーツカーの新たな市場創りにマツダ「ロードスター」を開発・投入し、運転の楽しさやオープンカーの魅力を再び世界に訴え、2人乗り小型オープンスポーツカー世界一の累計生産台数樹立の源流となりました。その偉業をたたえ永く伝承して参ります。

伊藤 修令 氏  日本を代表する高性能スポーツカーの礎を築く

伊藤 修令(いとう・ながのり)氏は、名車スカイラインの開発に長年従事し、R32型の開発責任者として伝統あるGT-Rを発展させ、レース活動においても連戦連勝の偉業を成し遂げました。同車はその後、日本を代表する高性能車に進化し、世界に高く評価されるに至りました。その偉業をたたえ永く伝承して参ります。

2.2020 日本自動車殿堂 歴史遺産車   3車

トヨペット ライトトラック SKB (1954年)

トヨペット ライトトラックSKBは、安価な三輪トラック全盛期において乗用車なみの乗り心地と走行安定性をもつ簡素で実用本位の四輪トラックとして発売され、戦略的な価格設定や優れた積載能力で市場を開拓。四輪1トン積車の地位を確立した歴史名車である。

ホンダ RA272 (1965年)

ホンダ RA272は、純国産F1マシンとして開発され、V型12気筒エンジンを横置にレイアウトした独自の設計により、1965年のF1メキシコ グランプリで初優勝を果たす。日本の技術力の高さを世界に知らしめた歴史的名車である。

スズキ ジムニー LJ10型 (1970年)

スズキ ジムニーは、悪路走破性の高い軽四輪駆動車として50年にわたって量産され、多様な用途に対応するロングセラーモデルに成長し、世界中から評価され続けてきた。その礎を築いた初代LJ10型は、新たな軽自動車の道を切り拓いた歴史的名車である。

3.2020〜2021日本自動車殿堂 イヤー賞

2020〜2021日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)
「ホンダ フィット」および開発グループ

新世代向け高効率・低燃費2モーター式e:HEV
実用性と安全性に優れたパッケージング
シンプルで快適な先進の安全運転支援システム

2020〜2021日本自動車殿堂インポートカーオブザイヤー(輸入乗用車)
「プジョー 208/e-208」およびインポーター

世界市場向けEV仕様を含めたバリエーション
エレガントにして優れたコストパフォーマンス
意欲的な先進安全技術の導入

2020〜2021日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー(国産・輸入乗用車)
「マツダ CX-30」およびデザイングループ

アートの領域に迫るデザインコーディネート
走りを主張させるエクステリアデザイン
安心して楽しめるインテリアデザイン

2020〜2021日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー(国産・輸入乗用車)
「都市型RWD EVシステム:Honda e」および開発グループ

近未来の都市型コミューターシステム
人とクルマの先進のヒューマン・マシン・インターフェイス
操作性に優れたリアモーター・リアドライブシステム

プレスリリース1 ・プレスリリース2


2020.10.16

本年度の表彰式典開催について

新型コロナ禍の収束がいまだ見通せない状況の中、日本自動車殿堂では2020年度表彰式典の実施について検討を進めてまいりましたが、受賞者、来賓、参加者の皆様の感染の危険性を鑑み、会場を使用した式典の開催を中止することにいたしました。
式典開催に代わる殿堂者、歴史遺産車、イヤー賞各賞の表彰について、当会のオフィシャルサイトにて、動画(事前収録)の配信をするかたちで実施いたします。
動画は11月13日(金)PM12:00に当会のオフィシャルサイト(http://www.jahfa.jp)にて配信を開始する予定です。
また、式典開催日に合わせて毎年発行している機関誌『JAHFA No.20』については、11月25日に完成し、その後、配布を開始する予定で進めております。
なお、今年度の殿堂者、歴史遺産車、イヤー賞各賞の受賞者決定をお知らせするニュースリリースは11月6日(金)PM12:00に配信、また関係記者クラブに情報をお届けいたします。
本件についてのお問い合わせは日本自動車殿堂事務局までご連絡ください。

日本自動車殿堂事務局
℡ 03-3291-8511
Fax 03-3291-4418


2020.01.30

いすゞプラザにて、「初代いすゞエルフ2019日本自動車殿堂歴史遺産車選定記念 太田隆司 PAPER MUSEUM いすゞコレクション」が開催されています!

日本自動車殿堂(JAHFA)は2019歴史遺産車として小型トラック「いすゞエルフ」の初代モデルTL151型(1960年発売)を選定、顕彰いたしましたが、いすゞ自動車の歴史ミュージアムである「いすゞプラザ」(神奈川県藤沢市土棚8)に同モデル現物および表彰状ならびにトロフィーが展示されています。

また、日本自動車殿堂2019歴史遺産車選定を記念して、2F企画展示エリアおよび1Fのバックヤードに歴代エルフが展示されています。

いすゞエルフは1959年に発売され、翌60年にはDL200型ディーゼルエンジン(排気量2㍑)を搭載、その後の2トン積みクラス小型トラックのディーゼル化を決定づけました。またエルフはその後、長きにわたって国内小型トラックのトップシェアモデルとして君臨し、小型トラックの代名詞ともなっています。
そうした点を踏まえ、日本自動車殿堂では2019年の歴史遺産車として選定、2019年12月15日の式典で表彰いたしました。

さらに、ペーパーアーティストの大田隆司氏による、初代エルフが活躍した昭和30年代の東京下町の人々の暮らしをイメージした作品が彩りを添えています。

いすゞプラザはいすゞ自動車創立80周年記念事業の一環として藤沢工場の隣接地に2017年4月に開館いたしました。商用車の役割や、運ぶを支えるいすゞのくるまづくりといすゞの歴史などを紹介し、商用車を身近に感じることができる施設です。また、ものづくり教室や施設のガイドツアーなどを開催し、地域のコミュニティーをつなぐ施設としても役割も果たしています。

館内にはいすゞの歴代のトラックや乗用車がところ狭しと展示されています。
また社内のスタッフの手になる精巧につくられたジオラマも設置され、人気を博しています。小学生の遠足や地域の親子連れなどが訪れ、人気スポットとしていつも笑顔と歓声があふれています。

いすゞプラザの最寄り駅の湘南台駅から無料送迎バスが出ています(所要時間約10分)。
https://www.isuzu.co.jp/plaza/access/index.html


2019.11.28

JAHFA日本自動車殿堂2019年度(第19回)表彰式典(2019年11月15日開催)の模様を掲載しました。

日本自動車殿堂2019年度の表彰式典・懇親会が2019年11月15日に東京・千代田区神田神保町の日本学士会館で開催されました。式典には殿堂者のご家族・ご関係者の皆様、歴史遺産車・イヤー賞を受賞された自動車メーカー・インポーターの方々が出席し、表彰状とトロフィーを受け取り、喜びの言葉をそれぞれ述べられました。
続いて開催された懇親会では受賞者、ご来賓、会員が和やかに懇談、受賞者の皆様やご家族に花束が贈呈されました。
式典・懇親会の模様を写真で紹介しています。ぜひご覧ください。

■表彰式典の様子は以下よりご覧いただけます
http://www.jahfa.jp/2019/11/28/2019年表彰式典/


ニュースリリースの一覧はこちら >>

日本自動車殿堂 総覧 第一巻Oficial Book

オフィシャルブック

特定非営利活動法人 日本自動車殿堂の創立15周年を機にこれまでの活動を第一期と位置づけ、その活動を網羅した永久保存版として刊行。殿堂者(殿堂入り)70名の業績、歴史車12台の紹介をはじめ、第一期の活動を紹介しています。全900頁、束80mm、糸綴・合皮装丁金文字高質仕上げ。定価28,000円(税別)。

さらに、式典開催に合わせ『機関誌JAHFA(年次報告書)』を発行しています。

『日本自動車殿堂 総覧 第一巻』/『機関誌JAHFA』のお申し込みは、
■三樹書房(http://www.mikipress.com)までお問い合わせください。

Copyright(C) 2001-2014 JAHFA All Rights Reserved.