日本自動車殿堂は、豊かな自動車社会の構築とその発展に貢献された方々、そして現在第一線で活躍されている方々を対象にして、それぞれの優れた業績を讃え顕彰し、永く伝承してまいります。
日本自動車殿堂 JAHFA

ニュースリリースNews release

2024.06.12

【展示視察】トヨタ博物館「日本自動車殿堂コーナー」の様子をお伝えします。

ニュースリリース欄でも既報の通り、トヨタ博物館(愛知県長久手市)に「日本自動車殿堂コーナー」が2024年3月30日、オープンしました。このたび、この展示を見学する機会を得ましたので、その展示の様子をお伝えいたします。
トヨタ博物館は、トヨタ自動車創立50周年記念事業のひとつとして1989年4月に設立されました。トヨタ車のみの展示を目的とせず、「世界の自動車とクルマ文化の歴史を紹介する博物館」として、常設展示のほか企画展示などの活動を続けている、日本有数の自動車博物館といえます。
この展示の実現に際しては、トヨタ博物館より、トヨタ自動車関係の「殿堂者」と「歴史遺産車」について、当会の概要とともに紹介する常設展示を設置したいとの打診を2023年の暮れにいただいたのがきっかけとなりました。当会としても大変光栄なことであり、会長、議長等の了承を得て、必要な資料や写真などの協力を申し出ました。そして当会で歴史遺産車を紹介する動画を製作するなどの連携作業を経て、公開となったのです。
展示では、トヨタ自動車関係の殿堂者について、その功績を写真とともに紹介するパネルや授与されたトロフィー(一部)が陳列され、来館者が足をとめて見学する様子も見られました。


「日本自動車殿堂コーナー」展示全景


殿堂者、豊田章一郎氏(上)、中村健也氏(下)の紹介展示


殿堂者、豊田英二氏(上)、大野耐一氏(下左)、長谷川龍雄氏(下右)の紹介展示


殿堂者、豊田喜一郎氏(上)と神谷正太郎氏(下左)隈部一雄氏(下右)の紹介展示


日本自動車殿堂の概要紹介の下には、40台近いさまざまな歴史遺産車を紹介する動画が放映されています


トヨタ博物館と日本自動車殿堂の関わりを紹介したプレートも掲出していただきました

 

今回の展示視察では、早朝に東京都心をクルマで出発し午前中にトヨタ博物館に到着、数時間滞在ののちクルマで帰京する日帰りの行程でしたが、高速道路網の整備による走行速度の上昇(制限速度120km/h)に加え、トヨタ博物館のすぐ近くにインターチェンジ(長久手IC)ができたことで、開館当初に比べて飛躍的にアクセスが向上していることも体感できました。渋滞などがなければ片道4時間程度で到着することができます。
また、鉄道利用の場合でも、東京駅から新幹線で名古屋駅まで約1時間30分、名古屋駅は地下鉄等を利用して約35分で最寄りの駅(芸大通駅)に到着し、5分程度の徒歩で現地(トヨタ博物館)に到ります。

これまで、当会の活動を紹介する常設展示はありませんでしたので、日本自動車殿堂の活動をより広くの方々に知っていただくことは、当会にとっても活動の目的のひとつでもあり、大切なことと認識しております。
この機会にぜひトヨタ博物館にお運びいただき、見学をお勧めいたします。

 

■トヨタ博物館ウェブサイト
https://toyota-automobile-museum.jp/

■トヨタ博物館へのアクセス(トヨタ博物館ウェブサイト内)
https://toyota-automobile-museum.jp/visit/access/

 

(まとめ:日本自動車殿堂事務局)


2024.04.02

トヨタ博物館に「日本自動車殿堂コーナー」がオープンしました。

トヨタ博物館(愛知県長久手市)に「日本自動車殿堂コーナー」が3月30日、オープンしました。
日本自動車殿堂から殿堂者として表彰された、トヨタ関係者の日本の自動車産業への功績を紹介するコーナーが、同博物館クルマ館3階に開設されました。合わせて歴代の歴史遺産車も映像で紹介しています。

詳細は下記をご覧ください(トヨタ博物館ウェブサイト)。
https://toyota-automobile-museum.jp/news/detail/7158.html


2023.12.26

2023日本自動車殿堂(JAHFA)式典風景をご覧ください。

11月14日に開催された2023日本自動車殿堂(JAHFA)表彰式典の模様のスチール写真をアップしました。
式典映像とともにご覧ください。

https://www.jahfa.jp/2023/12/26/2023年表彰式典/


2023.11.09

2023年11月14日(火)13時30分より2023日本自動車殿堂表彰式を開催致します。

2023日本自動車殿堂表彰式を2023年(令和5年)11月14日(火曜日)13時30分から学士会館(東京都千代田区神田錦町3-28)にて開催いたします。
表彰式典は、当日13時30分より自動車殿堂のYoutubeチャンネルにて同時配信をいたします。
以下のURLよりご視聴いただけます。ぜひ、ご覧ください。

https://youtube.com/live/qsU0MJ6sVIg


2023.11.07

JAHFA 日本自動車殿堂 2023 殿堂者(殿堂入り)/2023 歴史遺産車/2023~2024 殿堂イヤー賞を発表致します。

1.2023 日本自動車殿堂 殿堂者(殿堂入り)  4名

豊田章一郎 氏  トヨタを世界有数の自動車メーカーに育て上げた功労者

豊田章一郎(とよだ・しょういちろう)氏は、トヨタ自動車を世界的な企業に育てあげ、日本を世界の冠たる自動車大国に導き幾多の経営課題を克服。モノづくりは人づくりの信念のもと人材育成にも注力されました。その偉業をたたえ永く伝承して参ります。

小口泰平 氏  人―自動車系の安全研究の道を拓く

小口泰平(おぐち・やすへい)氏は、人と車の運転制御メカニズムの解明に尽力し、世界で高く評価された横運動走行試験台の開発、四輪操舵理論の確立と実用化への貢献とともに、安全運転教育理論の構築とその講演活動、そして多くの後進や技術者を育成されました。その偉業をたたえ永く伝承して参ります。

佐野彰一 氏  世界初の四輪操舵技術を実用化

佐野彰一(さの・しょういち)氏は、航空機構造をもとに独創的F1車両を設計してホンダの初優勝に貢献するとともに、歩行者の安全性向上の実験安全車 ASVの開発、世界で初めての四輪操舵システムの実用化など、自動車技術の発展に貢献されました。その偉業をたたえ永く伝承して参ります。

相川哲郎 氏  リチウムイオン電池搭載の量産EV開発の先駆者

相川哲郎(あいかわ・てつろう)氏は、自動車技術者として進取の精神をもって電気自動車の開発に挑戦、幾多の困難を克服してリチウムイオン電池を搭載した世界初の量産車を世に送り出し、その後の世界的なEV化の端緒を開かれました。その偉業をたたえ永く伝承して参ります。

2.2023 日本自動車殿堂 歴史遺産車   4車

オートモ号 (1925年)

オートモ号は、大正末期に日本初の量産自動車として約300台が市販されるとともに、初めて輸出された。また国産車開発を目指す多くの技術者を輩出した日本の自動車産業の端緒となった歴史的名車である。

ダットサン ブルーバード(510 型)/ DATSUN 510(1967年)

ダットサン ブルーバード(510 型)/DATSUN 510 は、多くの新技術を積極的に導入した小型乗用車として国内はもとより米国でも高く評価され、国際ラリー等で活躍し、日本車の知名度向上に貢献した歴史的名車である。

三菱 パジェロ(1982年)

三菱 パジェロは、高い悪路走破性に加え乗用車感覚で乗れる多目的車として開発され、四輪駆動車の新たな市場を開拓するとともに、パリ・ダカールラリー等、国際的な自動車競技で活躍した歴史的名車である。

マツダ787B(1991年)

マツダ787B は、最高峰の耐久レースであるルマン24 時間レースにおいて純国産車及びロータリーエンジン車として初の総合優勝を果たすとともに、“飽くなき挑戦”を続け、日本の技術を世界に知らしめた歴史的名車である。

3.2023〜2024日本自動車殿堂 イヤー賞

2023〜2024日本自動車殿堂カーオブザイヤー(国産乗用車)
「トヨタ プリウス」および開発グループ

モノフォルムを先進的に追求したスタイル設計
あらゆる人々に受け入れられる乗りやすさと運動性能
さらに進化させた燃費性能向上のPHEV・HEV技術

2023〜2024日本自動車殿堂インポートカーオブザイヤー(輸入乗用車)
「フォルクスワーゲン ID.4」およびインポーター

後輪駆動方式のBEV によるダイナミックな走行性能
優れた空力特性を実現させた流麗なSUV デザイン
BEV専用プラットフォームによるパッケージング

2023〜2024日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー(国産乗用車)
「トヨタ プリウス 」およびデザイングループ

存在感のあるモノフォルムシルエットのコンセプト
空力フォルムと室内空間の確保の絶妙なバランス
ランプ類など機能部品の斬新なデザイン表現

2023〜2024日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー(国産乗用車)
「SUBARU 広角単眼カメラ付き新世代アイサイト」および開発グループ

カメラ視野角拡大による交差点での事故防止技術の向上
ステレオカメラによる進化させたハイレベルな安全技術
危険回避技術の向上と普及への持続的貢献

プレスリリース1 ・プレスリリース2【報道関係者向け】写真素材


ニュースリリースの一覧はこちら >>

日本自動車殿堂 総覧 第一巻Oficial Book

オフィシャルブック

特定非営利活動法人 日本自動車殿堂の創立15周年を機にこれまでの活動を第一期と位置づけ、その活動を網羅した永久保存版として刊行。殿堂者(殿堂入り)70名の業績、歴史車12台の紹介をはじめ、第一期の活動を紹介しています。全900頁、束80mm、糸綴・合皮装丁金文字高質仕上げ。定価28,000円(税別)。

さらに、式典開催に合わせ『機関誌JAHFA(年次報告書)』を発行しています。

『日本自動車殿堂 総覧 第一巻』/『機関誌JAHFA』のお申し込みは、
■日本自動車殿堂事務局(info@jahfa.jp)までお問い合わせください。

Copyright(C) 2001-2014 JAHFA All Rights Reserved.