トップページ日本自動車殿堂に寄せて「日本自動車殿堂」の活動に寄せて スズキ株式会社 代表取締役会長 鈴木 修

日本自動車殿堂に寄せて

「日本自動車殿堂」の活動に寄せて スズキ株式会社 代表取締役会長 鈴木 修

安全・環境・情報に関わる技術をはじめとして、自動車産業を取り巻く環境は 日々めまぐるしく変化しております。
今まででは考えられなかった発想でのクルマづくりが求められる中で、日本を はじめグローバルで商品やサービスを考える力が求められています。
しかし、どんなに時代が変化しても、ものづくりの根底にある「お客様の立場 になった価値ある製品づくり」が最も大切であることに変わりはありません。
自動車殿堂入りされた先人たちが培ったこの揺るぎないものづくりへの知恵や 工夫、情熱を、若い技術者の皆さんが学び、受け継いで欲しいと願っております。
そのことが、技術革新やグローバルなものづくりで次世代の人々に大きな夢や 希望を与え、脈々と受け継がれるものと確信しております。
今後の日本自動車殿堂のますますのご発展をお祈りいたしております。

The environment surrounding the automobile industry today, including technologies for safety, sustainability and information, is changing rapidly as never before.
In the automobile manufacturing, innovative concept as well as capability to plan excellent prod- ucts and services for domestic and global markets, are now being required.
However, no matter how the world may change, the fundamental principle of manufacturing to “develop products of superior value by focusing on the customer” remain unchanged and most important.
I hope the young engineers will inherit the wisdom and the ideas cultivated by the pioneering inductees of Japan Automotive Hall of Fame, and utilize their knowledge for the industry.
I am convinced that the accomplishments of pioneers, through continued technical innovation and global manufacturing, gives grand dreams and hopes to the next generation and so shall be handed down to future generations.
Lastly, I wish Japan Automotive Hall of Fame further prosperity in the years to come.

Osamu Suzuki
Representative Director and Chairman
SUZUKI MOTOR CORPORATION

Copyright(C) 2001-2014 JAHFA All Rights Reserved.