トップページ日本自動車殿堂に寄せて日本の自動車文化発展に向けて トヨタ博物館 館長、ヨタ自動車 社会貢献推進部長 布垣 直昭

日本自動車殿堂に寄せて

日本の自動車文化発展に向けて トヨタ博物館 館長、ヨタ自動車 社会貢献推進部長 布垣 直昭

車の歴史保存に携わる立場からのひとつの提言は、“ク ラシック”の再定義です。日本では、クラシックは古 いもの、と誤解なさる方もおられるようですが、欧米 では“普遍的な価値を持つ”と評されるものには、新 品に対しても褒め言葉としてクラシックが使われます。 車のクラシックを求めることは、将来を視ることにも つながると思っております。技術革新と同様に、今後 の自動車には、性能や価格とは別次元の文化価値も重 要です。その礎となる歴史の積み重ねや、時代を超え た価値は大きな財産です。日本自動車殿堂の役割はま すます大きくなるのではないでしょうか。

As a person being engaged in the conservation of historic auto- mobiles, I would like to propose to rede ne the word “classic”. In Japan, many people seems to misunderstand that “classic” means old. However, in the West people sometimes use the word “clas- sic” even if they praise something new, as it has universal value. I personally believe that seeking “classics” of automobile leads to foresee the future of automobile. As well as the technological innovation, the cultural value will be necessary for future cars, which lies on the di erent axis from “performance” or “price”. Long history of automobiles and their universal or eternal value is our precious and fundamental asset.
I am convinced that the role of the Japan Automotive Hall of Fame will be more and more bene cial.

Naoaki Nunogaki
Director
TOYOTA AUTOMOBILE MUSEUM

Copyright(C) 2001-2014 JAHFA All Rights Reserved.